鍵交換が必要なケース

鍵交換は鍵を紛失した時や、鍵が壊れてしまった時に必要になってきますが、その他のケースでも鍵の交換をお勧めする場合も多いです。
では、どのような場合にカギの交換がお勧めになってくるのでしょうか?
様々な状況を考えながら、鍵交換が必要とされるケースと、鍵交換の重要性について考えてみましょう。

【鍵交換をお勧め・必要なケース】

ピッキング被害・泥棒の侵入被害に遭ってしまった時

泥棒の侵入被害に遭った場合は強く鍵交換、またご自宅の防犯対策強化をお勧めします。泥棒の侵入経路はさまざまですが、ピッキングよる不正解錠の場合もあります。この場合は、すごく判別、断定しにくいことが多いので、鍵交換や補助錠の取付けなど防犯性能の向上をした方が良いでしょう。
犯人が捕まっていない場合、一度成功している犯人は味を占めてまたあなたの住居に侵入するかもしれません。また、捕まっていたとしても、他の泥棒に情報が回っていることも考えられます。
泥棒たちの情報網を甘く見てはいけません。泥棒被害に遭ったのなら被害を一度限りに抑えるためにも、早急に鍵交換などの対策をしましょう。

合鍵を渡した人との関係性が悪化した時

これは男女間でありがちなケースですが、ほかにも会社の従業員が合鍵を持ったままやめてしまった、こういったケースも非常に多いです。この時も鍵交換をお勧めすることになります。合鍵を渡すとケースはどうしても避けられない場合が多いです。ただ管理はしっかりしておかないと、万が一の場合にトラブルになるケースが多いです。
しかし、関係性がなくなった場合や、悪化した場合にトラブルになるケースが多く、合鍵を使って悪さをされるかもしれません。
実際に、合鍵がもとになってトラブルになった事例もあります。対策方法の一つとして合鍵を回収すればいいと思うかもしれませんが、スペアキーを作っていることも考えられますので、確実な安全が保障されているとは言えません。

明らかに鍵を紛失した時

ご自宅の玄関の鍵など無くした、探したけど見当たらない、外出先から帰ってきた時鍵がないなど、紛失すると厄介なことになる場合もあります。もちろん精神的に気持ち悪いことが多いですが、紛失した鍵を拾った人が運悪く悪人であった場合もあります。あらゆる不安を取り除いていく最初の方法として鍵の交換をお勧めします。

中古物件を購入、賃貸物件に新しく入居した時

ご自宅を購入された時、中古物件である場合、前の入居者のままの鍵が付いている場合も強く鍵の交換をお勧めします。前の住人のかたがどういう人であったかなどは関係なく、ご自身以外に他人が鍵を持っているかもしれないと考えると、精神的安心のため、また実質的に安全のためにもぜひ鍵の交換は検討してみてください。また賃貸物件なども同じですが、この場合は、管理会社、オーナーさんへの確認をお忘れのない様に注意が必要です。

「安心」という意識が一番危険

鍵は私たちに「防犯」という安心感を与えてくれるものですが、それに頼り切るのはよくありません。「鍵を交換したから大丈夫」という気持ちを持っていれば、不測の事態が生じたときにパニックになってしまう可能性があります。
そのため、安心感に身を任せるのではなく、常に危険に対してのアンテナを張り巡らせるようにしましょう。
「安心」こそが、私たちを盲目にさせてしまうことを、決して忘れないでください。


兵庫県姫路市にある当社では、家の鍵はもちろん、自動車や金庫の鍵作成・鍵交換を致しております。加古川市・たつの市にも対応していますので、トラブルの際にはご用命ください。