鍵交換時期について

みなさんは、鍵にも交換時期があるのはご存知でしょうか?

実は鍵にも寿命があるのです。

従来型の鍵の場合、簡単に壊れるものではないのですが、消耗はしていきます。

こちらでは、鍵交換をした方が良い場合、鍵の交換時期についてご紹介したいと思います。

【鍵交換をした方が良い場合】

新しい新居へ引越しをされる場合、新築のマンションや戸建住宅を購入される場合や、中古物件を購入されることもあると思います。

賃貸物件のマンションや、住宅に引越しされる方もいらっしゃると思います。

まずご自身で購入、所有される物件の場合

新築の場合

建築会社や住宅販売会社がしっかり鍵の管理をされている場合は鍵交換をされる必要はないと思われます。

ただ、中にはしっかり管理していなくて工事業者が誰でも鍵を使用できる状況であれば要注意です。

引き渡しの時に、妙に鍵が汚れていたり、古かったり、数が少なかったり、そんな場合は確認されるほうが良いかと思います。

中古物件の場合

住宅販売会社や不動産業者があらかじめ新しい鍵に交換済みの場合もありますが、前の所有者のままが大半です。

玄関、勝手口など必要に応じて鍵の取替え、交換することをお勧めします。

前の住人など誰が鍵を持っているかわからない状況なので不安が残りますよね。

鍵交換の費用が必要ですが、安心安全には代えられません。

賃貸物件の場合

最近では、賃貸物件を契約する際に必ずといっていい程、玄関の鍵交換費用を請求されます。

管理の手続き上、一律に替えるほうが手間が省けるというのもあります。

法律上、新しい鍵に替えなくてもしっかり施錠できるのであれば問題ないそうなのですが。

セキュリティーを重視する世間の流れから、鍵交換は必須事項となっているのが現状です。

交換しなくても気にならない、交換する必要がない方は、その旨を伝えれば、鍵交換費用は請求されないかもしれません。

逆に、鍵交換費用を払っているのに鍵が古い、見るからに新しくないといった場合は要注意です。

ただ、賃貸の場合、前に住んでいた人が勝手に合鍵を使って部屋の中に入ってしまう場合も考えなければいけません。

このようなトラブルを防ぐためにも、住人が変わる度に契約として鍵交換が指定されているのです。

鍵を無くしてしまった場合

この場合、賃貸でも持ち家にしても危険を伴ってしまいます。

鍵を拾った人に勝手に使われ、家の中に入られてしまう可能性があるからです。

少しでもい第3者に鍵が使われるか分からない可能性があるときは、新しい鍵へと交換する事をおすすめします。

また、空き巣防止で鍵を二重に付けることもあります。

特に玄関の鍵を二重にすることで、泥棒は入ろうとはしません。

このように、鍵の交換は様々な理由によって行われます。

【鍵交換の時期と効果】

普段の生活の中で鍵にまつわるトラブルを経験されている方も多いのではないかと思います。

本人の不注意だけではなく、鍵、錠前本体の寿命によるトラブルや外的な要因による想定外のトラブルもあります。

前日までは普通に使用できた鍵、いざ鍵を開けようとすると、鍵穴に刺さった鍵が全く動かなかったり、回らなかったり。

鍵を抜こうとしたら鍵穴に刺さったまま抜けなくて焦ってしまった経験・・頻繁にはないと思いますが、このようなケースもございます。

理由は、特に長年使っての消耗や経年劣化により起きるものが多いです。

特に、最近の防犯性能が高い鍵は精度が高いので、少しの消耗、汚れ、歪みによっても回りづらくなったり、抜き差ししづらくなったりすることが多いですね。

昔の鍵に比べたら鍵自体の寿命は短くなっているのではないでしょうか。

普通に使用して7.8年過ぎてくると症状が出てくることもあります。

昔の鍵はもう少し長寿命だったのですが、その代わり防犯性能が低い。

このような場合は、いつまた同じことになるか分かりませんので、早めの鍵交換をすることをおすすめいたします。

鍵交換時期について

そのまま使用して、鍵が折れてしまったり、鍵が開かないとなると、更に修理費がかかってしまいます。

玄関の鍵に限らず、トイレや浴室などのノブなども一緒です。

動きがおかしいと思ったら、壊れかけの前兆かもしれません。

いまはインターネットで鍵のメンテナンス方法や取替え方法など様々な情報を得ることが出来ます。

こういった情報を活用してご自身で対処されるのも一つの方法です。

どうしても難しい場合は鍵屋さんなどに相談してみてください。

早めの対策をしていると安心です。

壊れた鍵の交換や、調子が悪い時の鍵の修理、メンテナンスは当社でも行っております。出張費や見積は無料なのでいつでもお気軽にご相談下さい。兵庫県内の加古川市や姫路市、高砂市、たつの市、加西市を中心に対応しています。