カギテック ワンタップコール

車の鍵

バイク・スクーターの鍵とじ込み

 シート下のボックスに      

原付バイク 

バイクの鍵をインロックしてしまうケースもよくありますが、多くはスクーターのシートの中に鍵を閉じ込めてしまうというケースです。
雨の日に、急いでいてカッパと一緒にシートの中に・・・
買い物袋の中に鍵を一緒に入れてシートを閉めてしまった・・・
荷物と一緒に鍵を閉じ込めてしまうのがほとんどです。
シートを閉めると鍵も同時にかかってしまう、こういった構造も鍵とじ込みの原因の一つです。

 かぎ穴のシャッターが閉まっている?      

バイクシャッターキー 

昔のスクーターは、シートの横に鍵穴があって、その鍵穴をピッキングしてあげるとシートを解錠することが出来ていました。
エンジンをかける鍵穴にシャッターが付くようになってくると、その鍵穴でシートの鍵を解錠するようになったのですが、そのシャッターが閉まっていると鍵穴を完全に塞いでしまいます。
悪戯防止・盗難防止対策のシャッターですが、その部分が閉まっていると鍵穴からシートを開けることが出来ません。
インロックした場合に、この状況だと専用の部品でシャッターを開けるカギを作ってあげる必要があります。
防犯性が上がると、トラブルの時の手間も増えてしまいます。

バイク・スクーターの鍵を紛失

 シートの中にある?      

シートの中にインロック

バイクの鍵を無くした時、普通のバイクだと鍵を閉じ込める事もないので明らかに紛失したのだと認識できます。
通常に鍵穴から、元の鍵を復旧させる作業を行います。
スクーターだと、もしかしたらシートの中に閉じ込めたのかもという期待も出てきます。
ただ、シートを開けるときに鍵を作成しないといけない場合も出てくるので、こちらも鍵穴から元の鍵を作成するという作業になります。
シートを開けて、鍵が見つかればスペアキーとして使っていただけます。
鍵がなければ、そのまま通常通りに作成した鍵を使っていただくことになります。

 シャッターのマグネットキーを紛失      

マグネットキー

特にスクーターの鍵を紛失された場合、鍵穴のシャッターも締まっているケースもあります。
この場合は、通常の鍵を作成するために、このシャッターを開けるマグネットキーを作成してあげる必要があります。
このかぎ穴のシャッターは、多くはマグネット式の鍵で開錠するので、専用の部品で作成しなければいけません。
バイク屋さんに車両に関するデータがあれば、純正部品で対応できますが数日かかる場合があります。
急ぎであれば、鍵屋さんに依頼するほうが早いかもしれません。

 

 イモビライザーキーを紛失     

 バイク イモビライザーランプ バイクECU イモビライザー

通常のバイクなどで、最近のバイクはイモビライザーというシステムが採用されている車両が多くなっています。
特に、ビックバイクと呼ばれる大排気量のバイクなどにはほぼ確実に装備されています。
こういった場合、イモビライザーが非装着車両と同じように、まずかぎ穴から元の鍵を復旧、作成します。
そのあとに、ECUと呼ばれるコンピューターなどにイモビライザーのデータが書き込まれているケースが多いので、その部品を外して新たなデータを書き込んでいく必要があります。
そうやって、書き込まれたデータのIDを埋め込んだ鍵で初めてエンジンが始動します。
バイク屋さんなどで修理する場合は、コンピューター、鍵穴すべて交換になり、かなりの出費になりますが、こういったデータ書き換えの場合だと、費用も安く抑えることが出来ます。

 

 バイクのスマートキー      

 

バイクのスマートキー ホンダ バイク スマートキー

最新式のバイクというと、スマートキーシステムが採用されている車両もあります。
新しい機能を備えていく方向で、バイクにもスマートキー採用が増えていくのではないでしょうか。
セキュリティーの強化で、どんどんと鍵も新しいタイプ・キーレスシステムの採用で進化していくと思われます。

 バイクの鍵を無くさないためには?     

バイクの鍵を無くさないために、まず簡単にできることは、保管場所を決めることです。
ご自宅の場合、置き場所を決めると、どこに置いたか探す必要がなくなります。
お出かけの時は、カバンのどのポケットに入れるなど保管する場所を決めることです。
簡単に鍵が落下しにくい場所に保管することをおすすめします。
ご自身の過失以外にも、外的な原因で紛失することもあります。
様々なケースに合わせて、鍵紛失防止に役立ちそうなグッズも紹介しているコーナーはこちらです。

鍵紛失防止に役立つ